【アプローチ】グリーン周りのアプローチショットは、パターを打つように

アプローチ

最近、アプローチの練習を必ず練習場では、
毎回30球〜50球程度やるようにしています。

大体まず、サンドウェッジからはじめて、
ピッチング、8番とじょじょに番手を上げていきます。

そんな練習をしているときに、
ちょっと前に会社の大先輩にいわれた事を思い出したー。

それは、、、

  • グリーン周りのアプローチはパターを打つ要領でうつ

ということです。

左手の角度は固定して、肩で打つ感じとでもいうのかなー。

そうすることで、たまにちゃんとクリーンヒットしてくれます。

僕はパターの持ち方が逆オーバーラッピング?

名前はよくわからないですが、、、
アイアンとかのクラブのグリップとは反対に、
左手の人差し指が右手の小指にかぶさるように持つ持ち方なのですが、
アプローチもパターを意識してからと上司にいわれてから、

アプローチも、パターと同じグリップにてしてます。

これがよいかどうか、、、それは完全に個人差ですが、
僕の場合それでなんかうまくいってるので、
取りあえずは、、、しばらくやってみようかなー。。

と思ってます。

練習上では、、非常にうまく行くんだけど、
これが本番でもうまくいくか。。行ってみないとわかんないなぁーー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です