スイング基本 アイアンの芯(スイートスポット)ってヒール寄りにあるの知ってました?

最近会社の先輩とお昼ゴハン食べなからゴルフの話をしてる時に、
アイアンの芯(スイートスポット)に当たった時は、
どんな感じという話になりました。

その時多かったのは何も感じないとか、
吸い付く感じとかよくある意見。


そんなはなしから発展してアイアンの芯ってどこにあんのよ。
という話に。僕はてっきりフェイスの真ん中だろう、
と思っていたのですが、およよよー。。。

これが完全に思い込みでちょっとヒールよりにあるとのこと。

おーーそーなのかー、、と。

僕はこないだゴルフ5のスイング分析マシン?!
でウォッチしてもらったところ、
真ん中よりトゥ側(ようは先っぽのほう)にあたる癖があって、
よく芯食わないと右にでることが多かったんです。

それをこの話を聞いてから、
アドレスの時点で若干ヒール寄りにボールを構えることで、
芯に当たる確率が上がったように思います。

気のせいかもしれませんが。。。

ちょっと目ウロコでしたー。

こういうちょっとしたことを意識し続けて、
ちょっとずつちょっとずつまるでうさぎとかめの亀のように、
進化していってる気がします。

こういう進化を味わえるってほんと楽しいですよねーo(^▽^)o

だからゴルフはやめられない。

さぁー今週も練習だ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です