アイアン(クラブ全般)を芯に当てる確率を高める方法

今日練習上に行ってきました。

1カゴ38球5箱で約200球打ち込んできました。

本日の練習のテーマは、

  • アイアンを確実に芯に当てる
  • 狙った方向に飛ばす

ということをテーマに練習をしたのですが(ものすごく当たり前のことですが、、、)
最初は芯にスコンスコンあたり、パシュッ!パシュッ!と気持ちよく打てていたのですが、
途中から左へ行ったり、右へいったり、特にスライスがひどくなってしまって、
しまいには、ダフリ・シャンクまで出たしてめためただったのですが、
あることを意識して確実に芯に当たるようになりました。

それは、

目線がバックスイング~トップ~ダウンスイングまで同じ位置でボールを見ること

これを意識したところ、ロングアイアンでも確実に芯にあたるようになりました。

こないだ人に指摘されて始めて気付いたのですが、
僕は体がバックスイングのとき右に体重移動を意識しすぎのせいか、
知らず知らずのうちに右にスウェーしてしまっていたようなのです。

右足を軸に固定してスイングをするという基本はもちろん知っていて、
実践していたつもりなのですが、実践できていなかった。。。
こういうのは人に指摘されるまで気付きませんね。。

とはいえ、指摘されより意識して右足をしっかり固定し、
目線をなるべく動かさないようにしたことで、
ボールをクリーンヒットできる確率が格段にあがりました。

皆様も知らず知らずのうちに自分の癖で実践していると思っている、
基本的なことが崩れている可能性があるので、
是非自分のスイングを人に見て指摘をしてもらいましょー。

思わぬ話がでてきますよ。きっと。ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です