グリップはショートサムがよいの?ロングサムがよいの?どっちだ?

どうも、ぼくしーです。

 

ゴルフでグリップってすごく重要ですよね。
僕もグリップの方法をいろいろと試行錯誤しているうちに、
良くない握り方だと、指の変なところが痛くなったりします。。
(僕のスイングが良くないこともありますが、、、)

 

鉛筆の持ち方が人それぞれ違っても結果として、
字を書くことができるように、
人の手のサイズは同じものは一つとしてありません。
指の長さだって人それそれ違うだろうし、
手の平が大きい人、小指が短い人など千差万別。
これが正解というものはなくて、自分に一番合っているグリップが、
その人にとっての正しいグリップと言えると思います。

 

とはいえ、、、最近のクラブにあった一般的なグリップを覚えることは、
自分なりのベストなグリップを見つける上でも必要です。

 

グリップには大きく3つあります。
ストロンググリップか、スクエアグリップか、ウィークグリップです。
これらの詳しい説明は「グリップの種類」を見ていただくとして、
今日はショートサムがロングサムかについてです。

 

簡単にいうと、

 

ショートサムはクラブを左手で若干斜めに握って、
握った時に、人差し指の握っている部分と親指の先が、
ちょうど位置がそろったような感じ。

 

 ロングサムは、クラブを左手でまっすぐ握り、
その名のとおり、親指を長く伸ばしてグリップするような感じ

 

です。

 

言葉だけじゃ、正直分かりにくいですね。

 

詳しい絵入りの解説は、、「beginers」さんの所で紹介しています。

 

最近のプロゴルファーはほとんどがショートサムです。
石川遼プロも、池田勇太プロも、ルークドナルドプロも、みーんなショートサム。

 

最近のクラブはストロンググリップに握ることが比較的多いので、
その場合必然的にショートサムになるプロが多いようです。

 

ロングサムはほとんどいみたいです。

 

僕は比較的スクウェアグリップだったので、ロングサム気味でしたが、
ストロンググリップ+ショートサムに最近変更し、
今のクラブにあったスイングにしようとしています。

 

グリップでお悩みでしたら、是非一度ショートサムを試してみてください。

 

ではまたー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です