練習場でコース(ラウンド)と同じ緊張感を感じるためのコツ

練習場と本番のコース。

 

一番の違いは

 

同じクラブを連続で打つ事がない

 

これにつきると思います。

 

練習場では、同じクラブで何回も練習しますよね。

 

でもこれって、本番のコースでは絶対ないのです。

 

ティーショットでドライバーでうって、
セカンドショットでドライバーを打つ。

 

ショートコースでアイアンでティーショットをうって、

 

2打目をまた同じアイアンで打つ。

 

これって絶対ないですよね。

 

なので、練習場で重要なことは、、、

 

クラブをかえた1球目を芯に当てて目標の位置に落とす

 

これが、すごく重要になってくるのです。

 

なので、僕は毎回クラブをかえて練習しています。

 

できれば、1球ずつクラブをかえて、
ドライバーの後は、アイアン、その後はウェッジと、

 

自分が今どんなシチュエーションに陥っているか、
シミュレーションしながら練習に取り組んでいます。

 

そうすると、本番でも練習と同じ感覚でプレイできるので、

 

よけいなプレッシャーを感じず練習場のまんまでプレイできるんですよね。

 

もし、練習場と本番のコースであまりにも、

 

スイングが違ってしまう、という方は是非1球ごとクラブをかえて練習してみてください。

 

ではまたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です