グリップはスクエアが良いのか?ストロングが良いのか?どっちがよいの?

1週間ぶりに練習場にいってきました。

 

約200球程度打ち込みを行いましたが、
最近の僕の悪い癖で右腕に力がはいってしまい、
なぜか右中指が練習後かならずいたくなってしまうのです。

 

僕は身長が167cmくらいしかなく、
手が23cmと小さいので、一般的な意見として、

 

手が小さい人はインターロッキンググリップがよい

 

ということをそのまま信じ、しばらくインターロッキングで練習・ラウンドと
していたのですが、、、うーーん手が痛い。。ということになっていまったのです。

 

なので、今日はインターロッキングをやめてオーバーラッピングで、
練習しました。すると手の痛みもなくちゃんと練習できたのでした。

 

オーバーラッピングだと右手の小指をどこにおさめればよいの。
ということをずっと気にしていました。

 

というのも、僕は小指も短いので、
上手くグリップできていないような気がしたのですが、
そこもあまり気にせず、左手と右手が平行に重なることだけ意識して、
小指は左手人差し指と中指の第二関節あたりにおさまるよう、
グリップするようにしています。

 

僕は上記のインターロッキングかオーバーラッピングか
ということと共に、スクエアかストロングか

 

ということもずっと試行錯誤し続けていました。

 

今までは、インターロッキング+ストロングという何となく、
今っぽい感じ(よく雑誌とかにのっているのに乗っかり)していたのですが、

 

これを、

 

  • オーバーラッピング
  • スクエアグリップ

 

にした所、右腕に余分な力が入らず、
良い感じで打てました。

 

最近のレッスン本だと、ストロンググリップが主流でオススメされる
ことが多いですが、やっぱり個人差がありますので、
練習で何度も試してみて、自分にあったグリップを見つけるのがよいと思います。

 

ちなみに、僕がいつも参考にさせていただいている、
陳清波プロもスクエアグリップ+オーバーラッピンです。

 

参考動画もどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です