【動画】池田勇太 ユーティリティを上手に打つコツ

どうも、ボクシーです。

 

ユーティリティって今やどのアマチュアの方でも、
必ずといっていいほどクラブセットに入っていますよね。

 

僕もゴルフを始めた頃から、
そもそもおさがりでゴルフセットを譲り受けた時から、
クラブセットにはいってました。。。

 

きっと昔はロングアイアンで180y〜200yくらいは、
打っていたと思うのですが、クラブの進化により、
よりやさしいユーティリティを使って同じ距離を出せるようになったので、
今からゴルフを始める人は昔の人に比べて大分アドバンテージがあるような気がします。
僕ももちろんその一人なのですが。。。

 

今日は池田勇太プロがそのダイナミックなスイングで、
ユーティリティを上手に打つコツを紹介していましたので、
ご紹介です。

池田勇太 ユーティリティを上手に打つコツ

 

まとめとしては、

  • ユーティリティは7番アイアンで打つような感じ
  • アイアンの延長線上にあるのがユーティリティ
  • ボールの位置は5番アイアンと同じくらい(ようはカラダの真ん中くらい)
  • クラブを上から入れてボールの前を打つイメージ
  • クラブのスコアライン目標に対して90°

是非、参考にしてみてくださいー。

 

特に「クラブのスコアライン目標に対して90°」については、
目から鱗でした。僕もこれ間違ってました。

 

正しいと思い込んでいて、アドレスで右にフェースが開いていました。。
とほほ。。

 

今度練習場で、実践してみたいと思います。

 

ではまたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です