ドライバーのスライス克服方法 経験談

アイアンやウェッジだとスライスがでないのに、
ドライバーだとスライスしてしまう。

そんな方はとても多いと思います。

何を隠そう僕もそうでした(笑)

それで いろんな参考書籍やサイトを読み漁り、
僕なりに克服した方法をご紹介します。

まず、なぜスライスが起こるのか

スライスが出てしまう大きな要因は大きく2つ、、

  • インパクトの瞬間にフェースが開いてしまっている
  • バックスイングの際にアウトサイドインになっている

僕も当初アウトサイドイン軌道に悩まされていました。
どうやってもドライバースライスしてしまう日々が続いていました。

どうやって克服したか

からだ全体でスイングするとか、ボールの後ろ30cmはまっすぐ引くなど、
いろいろ試してみましたが、イマイチ効果がでず、
さらに、けっこう理論的には理解できても実践となると、
うまくいかない手法が多くて本当に困っていました。

というか、ゴルフの理論って難しくて、
スイングの時何個もチェックポイントがあり、正直覚えてられん!!

というのが正直な気持ちで、もっとシンプルに考えたいとずっと情報を探す日々。

で、、、結局たどりついたのが以下の方法です。

  • 目標に対してまっすぐスタンスをし、その状態から右足を足1個分後ろに引く
  • グリップを極端なストロンググリップに
  • ボールはカラダの真ん中より若干右足より

スイングのとき多くても3つのことしか意識しません。 覚えてられないし。

上記3つを意識すると、かならずといっていいほど
インサイドアウト(もしくはインサイドイン)のスイングとなり、
どぎついフック系のボールが最初はでるはずです。

インサイドアウト アウトサイドイン

でもそれでいいんです。なぜかというとスライスがでてないから。
この方法でスライスがでないことが精神上重要なんです。

超きついフックでも、スライスよりはましという感覚です。

しばらく打っているとインサイドアウトのスイング自然になじんでくるようになります。
その感覚を忘れないうちに、、、

  • 右足の引きを若干押さえ気味に
  • ストロンググリップを若干スクウェアよりに、
  • ボールカラダの真ん中に近い位置に、

と少しずつ変化させていくことで、フックボールがドローボールに変わってきます。

ここまでくればあとはそのスイングの形を忘れないことですね。

とこうやって、僕はスライスを直していきました。
今でも基本スライスが出始めたときには上記の3つを意識することで、
スライスを抑制できるようになっています。

スライスに悩まれている方は、試しに3つのポイントを意識して練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です